ARとは?


ARイメージ図

AR(拡張現実,Augmented Reality)とは、モニターやカメラでビジュアライズされた現実空間にデジタルデータを組み合わせ、あたかもその場に存在するかのように様々なデジタル情報を表示させる、画期的な最新のビジュアル手法です。

具体的には「マーカー」と呼ばれるQRコードのようなものをWebカメラや携帯電話のカメラで写すと、カメラに表示された現実空間上にイラスト・音声・アニメーション・文字情報などを表示させることが出来ます。
スマートフォン市場では既にARが商用・実用化されており、スマートフォンの機能として実装されている位置情報(GPS)やジャイロスコープ(角度を認識する機能)加速度センサを活用したアプリケーションが登場し、注目を集めています。

さらに米国をはじめ国外では既に「マーカーを必要としないAR」、「マーカーレス方式」での実用が進んでおり、日本国内でも研究が進んでいます。
国内でも大手企業や広告代理店がARコンテンツの商品化を進めており、最近ではメディアへの露出も増えて参りました。
ARに注目を集めたiPhoneアプリの最たる例として「セカイカメラ」や「i butterfly」などが挙げられますが、NTTdocomoやKDDIが通常の携帯電話についても今後ARを採用する方向性を示しており、AR市場は益々活発になっていくでしょう。

AR上には様々なデジタルデータを表示する事が可能ですが、弊社では「Flash」の制作ノウハウを活かし、AR上での3D・Flash表現を得意としております。
ARでのクリエイティブをご検討の際は、是非弊社にお任せ下さい。

ページトップへ